2016/12/30

人殺しの道具がすき。  ふと思いついた事。

宮崎駿の「人殺しの道具とわかっていても戦車を愛してしまい辛い。」という手記。

この文章に目を通してから自分も同じような気持ちちに。

よっしゃいいジオラマ作ったで!と完成した瞬間「でも、人殺しの最中。。」という罪悪感が。



しかし、重火器に限らず、洗礼された物は総じて好き、人殺しの道具と分かっていても、という考えに。

アイアンメイデンなんて単純かつ残忍な処刑道具ですが、デザインは好きです。

戦争の道具は、軍事企業は潤沢な資金がありまた一定数の需要を計算できるので最新技術をばしばし導入。

結果扱い易くかつコストパフォーマンスも良いフォルムになったり。

自分の好きなデザインに直結してしまうことに。

同じ定義で家電製品のダンボール内梱包も好きな部類です。

あえて空洞にしていたり、ダンボールをバネのように曲げてクッション代わりにしたり。機能美。

根本的な心奪われる原因がわかってきたので、靴とか家具にも目をやりたいです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ