2017/3/25

稀勢の里の男気「きもちがいい」  ふと思いついた事。

自分の気持ちがいい、ではなく稀勢の里の怪我出場する気持ちがいい、ということ。

どっちにしても、現実を見ろとかよく言われる社会ですが大和魂ならぬ漫画の世界はこうやって作られて行くのか、と。

マー君の楽天日本シリーズ最終登板は確かに感動しましたが、その後の怪我で見る機会が激減しまさかあのせいで、って。

観戦側も現実の中の「漫画の世界」を求めていて、自分もその一部になろうという演技的な参加チックがあります。

現実重視のメジャーでもワールドシリーズになるとチャップマンの「ありえない」連投があり、でも裏で「ボーナス100万ドルだす」となると現実になる。


稀勢の里教皇出場の場合は賞賛する声はどれも漫画の範疇を出ない。

しかし稀勢の里自身、そこから全敗しても優勝を狙える(今日で不可になったが)位置で「感動した」と漫画の世界ありがとう基金が創設されたりとか、そういう現実から判断したのかもしれません。

ただこうやって人の考えを思考巡らせ勝手に解釈するのは楽しいので決して時間の無駄ではなく娯楽の一部。
この娯楽は相手を傷つける可能性大なので注意が必要ですが。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ