2017/3/26

誘われて「楽しんでましたよね?」  ふと思いついた事。

行きたくない苦手とだだこねたがあまりにもしつこいとか避けられない場面で仕方なく行った場合。

「楽しんでましたよね?」「なんだ結局楽しいじゃないですか」「ね、楽しいでしょ?」とかいう台詞。

こいういう人達は「努力無視系サイコパス」と称しています。

とりあえず何でも楽しもうと努力しませんか?

嫌なことでも、楽しいと思わなきゃ損、というか嫌なこと程「楽しまなきゃ」という意志が前面に押し出されます。

本来楽しいことは「楽しまなきゃ」なんて考えなくても自然についてくるので「楽に」楽しめます。

苦手な物はどうにしかして楽しむポイントを探す。

残念なことにそれでも「無理だ」というものはあるもの。


なんとか楽しいポイントを探しあて、嘘でも楽しもうと演技といってもいい時間を過ごし、生き延びれたと疲弊した後「楽しんでたじゃないか。」はもはや暴言。

体勢を崩しながら何とか内野安打した選手に一塁コーチが「相手投手は調子悪くてラッキーだな」というようなもの。

いや、これより酷い。コーチが「俺の助言が効いたな」とか言うレベル。

つまり「提供してあげてありがとうは?」を求めているおこがましさ。


こちらはクソ不味い料理を様々な調味料を駆使しなんとか美味しい?いや美味しい筈だ!と決心しなんとか半分食べたぞ!という状態。


なんでそこまでして行くのかと言うと「1度ついていったらそれで納得し今後誘わなくなる」という甘い期待があるから。

「ほら僕はあわないよ」という証拠をみせつめるため。


つまり、本当の正解はまず頑に行かないこと・・・そして言ったとしたら楽しむポイントなんて見つけず演技込みのつまらない感じを醸し出す。

そうすると「子供っぽい」「わがまま」とか言って喧嘩をうってくる。

反発すると「また子供っぽい」と・・・人間はクレイジーすぎる

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ