2017/6/25

人の心配より自分の心配  パワーワード

これは「相手を突き放せ」と同意義として受け止めないと僕は消化できません。

恐らく言葉そのまま「相手の心配する時間があったらまず自分を心配しろ」以外の意味は持たないはず。

しかしこんなこと本当にできるのかってつい考えてしまう。

どこの範囲までなんだろうか、とかどのレベルまでだろうか、とか。

この言葉を言われるときは自分が比較的危険な時。

しかし、それ以上に知り合いが危険な目にあっていれば?とか。

そんなことも考えるな!ってことでしょうが、ならばそこまでいうなら少しくらい助けろよ、と思ったり。


「人の心配」を商売にしている企業なんてごまんとありますし。


実際自分だけに注いだら「自己チュー!」て非難しますし。



無理矢理肯定してみます。

人は追い込まれたらまず自分を助けようと動きます。

溺れた時、いじめられた時、銃で脅された時。

その時は「人の心配を考える余裕なんて無い」から「自分の心配のみ」考えます。

中動態からの視点で扱うと、相手からそうせざる負えない状況に置かれた、ということです。


「人の心配より自分の心配」はそこまでの状況下ではなく、自分をコントロールする余裕が残っています。

だから人の心配をしてしまうんですが、そこを自制し「相手からそうせざる〜」へ自らの思考で導く事。

確かに、危機的状況だと爆発的な行動力を生みます。

これを環境や人に関係なく、自らの手でいつでも引き出せるようにしろ、ってことです。

無理矢理に肯定化しましたが、こういうことでしょう!たぶん。

精神や思考にも「体力」が存在している事は科学的根拠から明らかと何かの行動経済学系の本で読んだので、これによる疲労はなかなかのもの。

「人の心配より〜」と助言してくれる人は同時に心の癒しも提示して欲しい物ですね。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ