2018/1/13

アサシンクリード オリジンズ その2  ふと思いついた事。

ダメです。挫折します。

「合わなかった」でいいでしょう。



以下理由(現在ぱっと思いつくもの)

観光地ゲーム
…当時のエジプト再現度は高いかどうか判断は僕にはできないが、
 興味はあるものの感動にはいたらず。
 ウォッチドッグスの現代サンフランシスコ、HORIZONZERODAWNのSFのほうが楽しい。


物語も、アクションも楽しくなく

…クレオパトラがでてきた瞬間「ああ・・・」と冷めました。
偉人が登場するゲームに別段気にする事はないんですが、「皆が知っている偉人だから説明不要でしょ」という
押しつけを感じてしまった。
アクションも正直なところ「劣化○○」という感想です。


レベル上げが面倒
…今作はキャラレベルがかなり重要で、レベル差があると「暗殺」も少しのダメージのみとなる。
サブクエストを経由せずに進行すると敵とのレベル差がどんどん開きます。

そうなると「暗殺での瞬殺」は機能せず対面対決となるんですが、
あっちからの攻撃を受けると即死でこっちは微小なダメージ。
コンピューターのパターンはほぼ一定なので倒せるが時間がかかる。

それならレベル上げをするしかない!となるんですがこれが本当に苦行でした。
レベル上げの手段となるサブクエスト。
これが「おつかい」でありますが、これをやるに「キャラクターが好き」ではないと大変辛い。

当然車等ないので移動が遅く、ファストトラベルもかなり限られロード時間も長く。

「動かすだけで楽しい」が初めて1時間くらいで終了したのでただの時間浪費にしか思えず。







ブログで記事かしたら「責任感」から最後までクリアできるだろうと踏んでいましたが、

「責任」について当ブログで記事化したようにアプローチを変えたため束縛力に発生無く。

自分に合うゲームを探すブログになりそう。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ