2018/1/16

ゲーム別楽しみ方 格ゲー  ゲーム

格ゲーの楽しみ方。
<まとめ>

プロの対戦動画を楽しむために自分でもプレイするスタイル。

「何が難しいのか」「自分が手こずってたコンボをいとも簡単に出すプレイ」「バックジャンプのタイミング」等、

自分でプレイしないと分からない動作は当然あります。

それを理解しより対煽動画を楽しむために買う。

これなら購入意欲、そしてプレイモチベーションも維持できますしそのゲームがより好きなります。

<まとめおわり>



僕は高田馬場ゲーセンミカドの配信が好きで、心地よく寝るために必須となっています。

それきっかけで格闘ゲームの実況を見る事が多く、残念ながら権威に弱いのでプロ専ですが、

数年前から書籍も購入し特にストリートファイターはよく見ています。

ただ、そこには解説が必要で「何が凄いのか?」を説明してもらう必要があります。

プレイ経験がありますが格闘ゲームは派手なアクションより地味な動作の方が大事というのは共通しているのかと。

移動だったりバックジャンプのタイミングだったり、理解できなかったら「派手な技」のみが楽しい要素となります。


ドラゴンボールファイターズをやって気づきました。

プロのプレイ動画をより楽しむために自分がそのゲームをやってみる、

これが僕にとっての格闘ゲームとの良い付き合い方なのではないかと。

周りに格ゲーする人もいませんし、負け続けるとやる気をなくすので敬遠するジャンルでした。

しかし「プロの動画をより楽しく見れる」という明るい未来を手にしたので僕は躊躇無く手を伸ばせます。

「うまくなろうとする」必要はなく、何が難しくて何が簡単なのか、ゲームのルールだったり醍醐味を理解するまでが

僕が格ゲーをする寿命。

そのゲームのプロが居る限り、そのゲームの寿命は僕にとってつづきます。

プロよありがとうです。プロゲーマーって僕が中学生のときは嘲笑の蔑称だったんですけど、最高です。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ