2018/1/29

相手の軸に合わせてしまう癖を絶滅させたい  ふと思いついた事。

・相手に寄り添う

とも言えるが

・相手に影響され易くなる

とも。


僕の短所であり長所は、面接の時に見栄えがいい言い方ですが、相手の想いから発信してしまう、ということ。



<短所>

いくら憎たらしい奴でも「虐められた経験」「親からネグレクトを受けた経験」があると「仕方ないな」と許してしまう。

場を無闇に乱したら、攻撃されても「でも彼(女)は過去に酷い経験をしてしまったから・・」と。

その時、イジメの被害者になったとしても。

自分発信だと「自己中で悪いな」とたじろいでしまい、いまいちぱっとしない会話になってしまう。

相手のリアクション重視なので、リアクションがいいならと平気で嘘をつく。



相手にも騙され易い。コントロールされ易い。

自分の意見に反論されても「確かに」と頷き簡単に反故にする。


安易に比較する癖ができる。

相手の事ばかり考えてしまうので、自分を疎かにし劣っている点ばかり気になってしまう。

これは「相手の長所をみつけ、相手のペースにさせてそこから発展させよう」ということから


<長所>


仲良くなり易い。

相手を軸に考えるので、相手からすると「ちょろい対象」となるから。

また相手を高揚しやすい。

こちらが良い反応だと調子に乗れる。さらにマイナーな話だと「君だけだよ聞いてくれるのは!」と。

理解力がある、という評価を得る。

「確かに・・」「なるほど」と私見を曲げてでも納得するから。

同じ意味合いで視野が広い、とも。拒絶しないから。




<今後どうしたいのか>


ついてこい、ついてこなければさよなら、って感じにしたい。

本当に疲れ果てます、人間関係。

性に合わないのに「人に好かれたいから、虐められたくないから」が先行してこうなってしまった。

もう自分語りばかりする人間で良いですよ。

というかもうコミュニケーションは共通目的以外いいですよ。

「最近どう?」がコミュニケーション能力ですか?

お互いの自分語りを聞いたり話したりして気持ちよくなるんでいいのでは?


学校に通った事の犠牲ですね。

学校に不登校も経験せずストレートで入学&卒業しいじめを自力で短期間で克服した代償です。

得たもの、失ったもの、でいうと失ったもの。

何を失ったのか、自分を大切にするという意識です。

あまりにも鈍感なので、倒れたからやっと気づく。



言語化って大切ですね。

「あえてこの行動をしている」という余裕ができる。

数多ある選択肢からあえて。

誰でも殺人はできるけど、あえてしないこと選択しているという実感。

自動的に、機械的に選択している訳ではない、という自負心。


だから、毎日学校に行く事、おはようという事も機械的ではなく「選択している」実感を持てば特別になる。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ