2018/3/5

人から好かれる=人を傷つける  ふと思いついた事。

「人に好かれる」タイプ分け
・支配的
・献身的

<支配的>
自分のものにしたい欲でワガママをあえて言いそれに答えるか天秤にかける。


<献身的>
例えば仲間内での話を又聞きしそこで話題に出た情報を元にアプローチをかけたり、ちょっとした機微を察知し親切にしたり。


■AがBを好きだがBがそうではない場合、Aは傷つく。

異性間愛だけではなく、友達レベル、上司部下レベル、近所レベルでも起こる。

好いている人に対して、その期待通りの受け答えをできかねると傷つける。


<支配的な人から>
提供された支配を拒否する
<献身的な人から>
それに好反応しない

・・・・相手を傷つけたことになる!


■人に好かれる∝人を裏切る可能性

裏切るパターンが多いということ、傷つけやすいということ。
・・・「そんな人とは思わなかった」というもはやあるある台詞はそれを指す。

言葉に出すことはなくても実は・・・
→出会った人間全員一度各個人に対して考えつくことなのかも。

初対面の印象からかけ離れた本来の思考。ギャップがない人間はいない。



■対処法

・・・相手を傷つける=こちらもダメージを受ける
                            という等号を切断すること。

1)気にしない・・・・無視をする。

2)傷つけることに慣れる・・・あ、また傷つけたけどま、いっか。


1と2の差は傷つけたことに気づいたかどうかの差です。

「傷つけてしまったのかな?」という詮索をしないこと。気づいたら2。


■人から好かれると確実に負担がかかります

それを凌駕する理由があると負担だとは感じない。
(例えば人との繋がりから生じる安心感、幸福感)

好かれていることを利用されるとさらに負担が増す。
(例えば「お前は好かれているんだからチームのため上司に無理を頼め)

・・・気に入らない人はわざと利用し負担を増やそうとする。


ぱぱっと人間関係を切れる能力。

お金だけの関係というのは楽です。

「人に期待しないこと、期待に答えなくても責めないこと、許すこと、自分も期待に答えず許されていることを気づくこと」

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ