2018/3/11

落合陽一 日本最高戦略 読了  ふと思いついた事。

<本書についての感想>

著者の考えていることを知ることができ、また知らなかった情報も得られました。

知らなかったとは、5gの凄さや「日本独特」とは歴史を振り返ると実は独特とは言えないものもある、とかを知れたこと。


休憩は1度のみ、約3時間で読み終えました。

僕はこの類いの本は読み終えるまで興味をも続けられる、モチベーションを保てます。

著者自身に興味がありましたし、近未来のテクノロジーにも。

言葉に厳密性を求め、「近代」と「現代」との違いにはなるほどな、今度から僕も使おう、と。

以下個人的な考えを踏まえた本書について印象に残ったワードのピックアップ。


5Gについて

本書を読んだ後僕が思ったことは、僕にとってはかなり有り難い社会になるな、と。

3Gから4Gになった時ってあんまり恩恵を被ることができなかったんですよね。

スマホの速度が上がった!くらいでした。


しかし、5Gになると

・あらゆる遠隔操作のタイムラグが人間では探知できない程短くなる。

・日本は隅々まで通信施設が整っているため、世界唯一国中で5gが使えるようになる可能性が高い。

・タイムラグがないことで、自動運転、介護・医療ロボットの遠隔操作が可能になる。

・3D映像も遅延無く送受信できる。


現在はタイムラグが重大な問題で、それで遠隔操作ロボットの事故が起こり易いとか。

個人視点ですがロボットロボットと騒がれているのに全然実用化されてないじゃん、と不満を抱いていました。

個人でドローン操作できるのに!もっと使えよ!と。

それは個人単位では制御でるものの、企業単位だと事故が起こる可能性が一気に跳ね上がる、なぜなら少しのタイムラグが致命的になるから、なんですね。

ロボットが普及、自動運転やロボット宅配にはまず5gが必要なんだな、と。



浪人・留年について



僕はどちらも経験しておらず、どっちも非常に怖い段階だとしています。

ただ、浪人は2年くらいはokですね。もう確信しました。

高校の受験レベルの勉強は難しいですよ。しかも大学以降でも使えう必要があるかなり大切な基礎部分を担っています。

そこを疎かに、何となくのまま大学に進むのはだめですよ。

浪人しとけばよかった。。。と確信して寝床につく日が増えそう。







0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ