2018/6/24

幼い時とショックを未だ引きずってしまう謎  ふと思いついた事。

逆の「幼い時に憧れを持ったもの」も未だ保存していますが。

僕はまだ小学校に入る前に攻殻機動隊の少佐が全裸でチューブに繋がれてる絵を見ました。

それに非常に大きなショックを受け、以降「女ロボもの」に強い抵抗を持っています。

二次被害として「人間の体」にも拒否反応があります。

まだ「人間は内部に骨と内臓がある」ことを全く知らなかったのが原因。

「もしかしたら女性の体は皆こうなってるのか?」という恐怖に襲われました。


攻殻機動隊をみれるようになったのはやっと最近です。

女性の苦手を克服するため人体解剖図を見たんですが、そこで少し耐性がつきました。


ただ、未だロボットよりの女性型アンドロイドは苦手です。

アラレちゃんの中身とか、マリオ66とか超苦手です。吐きそうになります。

最終兵器彼女みたいな、かわいそうな話が付加されるともうショックで寝込みます。


ただこれからロボットが進化しつづけ僕は否定する側「老害」へとなるわけです。

それを回避するため、なんとか乗り越えなければなりません。

フィクションを現実と重ねすぎなんですよ。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ