2018/6/30

ニーアオートマタ プレイ開始  ふと思いついた事。

これは神ゲー

「神ゲー」なんて使うと安っぽさが先行してしまいますが。

この前にプレイした戦場のヴァルキュリア4はamazon評価が高く、また約10年前にプレイした「1」とほぼ同じなのにおもしろく感じず。

なので「ゲーム離れ」と理由づけていましたが、この言葉は「簡単に正当化できる言い訳」でしかないと確信。


これだよこれ!と大声を出したくなる。女性型アンドロイドアレルギーがなくなりそう。

「かわいそう」じゃないんですよね。「合理的」「羨ましい」とさえ感じる。

「羨ましい」という感想は「アレルギー」を除去させてくれる作用があります。


まだチャプター1を終えたばかりですが、約40分間全く飽きさせずにぶっつづけでプレイできました。

大胆な視点変更、ジャストタイミングの回避挙動等「動かし続けたい!!」という欲を刺激し続ける。

複雑なMAPですが目標地点を示すことでストレスなく進める。

「アクションを楽しみたい」のであって「ダンジョン攻略をしたい」というわけでじゃないんだ!という消費者の声を聞いてくた!という感動。



本当に凄まじい作品で発売してしばらく経っても雑誌で特集が組まれるなどの人気さを「理解」できたのは自信につながります。

理由は違えど高評価という世間評価と合致できる喜びです。


このゲーム以外で夢中になったゲームは何かと考えると「バイオ7」以来です。

モンハン、ゴッドオブウォー・・・まだまだ期待きるゲームがたくさん残ってる幸せ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ