2018/8/13

ダーリンインザフランキス 13話時点の感想  その他アニメ

放映時がみたかった作品。

毎週1話には耐えら得ず、一気見派、さらにnetflixで配信されていたので視聴中。



非常に面白いですね。

非常に、をつけたのは「命を享受させてくれた概念に無条件に感謝する」という思考の偏りを視聴前に理解しているか否かで見方が変わる点です。

しょっぱなから「やりがい搾取、感謝搾取、生かせてもらっている搾取」等の様々な搾取の対象に子供たちがなっていることを観察でき、心をえぐられます。

決して生命を利用している側の大人達に非を感じることなく、健気に自分たち、自分の責任だと完結させている。



そんな子供達の笑顔が輝くほど視聴者は胸を痛める。

スーパーマーケット等に併設されている小さなコイン型ゲーセン。

幼少期よく行っていたんですが、ある時から「悲しみの対象」へと変化しました。

それはたった100円で大喜び親に感謝をし、輝いた笑顔をする子供を「当たり前の風景」ではなく「心を痛める事象へ」なったから。

それを思い起こさせる作品ですよね。

「大人が喜ぶがから、プレゼントもらったら大はしゃぎしよう。」という幼い時の自分を思い出したり。



各話のタイトルの使い方もいいですよね。

本編をみて「あれ?これはこういうことかな?」と予想をしていると、本編終了直後に映し出されるタイトル名を見て「あ、やっぱそういうことか」と答え合わせができる。

つまりタイトルが本編の重要点を指している。



OPも好きです。

歌と絵がマッチしています。個人的に。

見ていて気持ちいい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ