2018/10/20

学校は恥意識生成機関  ふと思いついた事。

アニメのキャラクターを地方の祭り等で勝手に使用しまたグッズも作って販売。

これは著作権違反に当たりますが、実際行使すると「ケチ」「懐が狭い」等の批判を浴びることは容易に想像できる。


でもこれは「違法」なので万引きと同じ類に属します。


なのに「被害者は加害者に寄り添え」的な発言が容認されるのか。

これは学校で教えなかったから、一つの大きな解なのではと。


例えば「5×4=20」がわからない人間を「恥ずかしいやつ」と評しますよね。

「そんなこともわからないのか」「学校で習うだろ」とか。

特に義務教育期間の中学生までに習うことで「わからない」という反応をするとすぐ様本人が恥意識を覚え他者も軽蔑していい対象だと認定しがち。



法律は本当に最低限しか勉強しませんよね。

特に著作権とか身の回りの法律に関しては除外されている。

だからそのことを「知らない」ことに恥意識が生じずむしろ堂々と違法だろうがこちらの言い分を言える。



「恥意識」は牽制となる。「細かいこと言うなよ」とかで押し切られるのはある意味学校教育の敗北です。

その敗北の苦味を味わうのは文部科学省ではなく経済産業省ですが。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ