2018/12/31

社会性の再定義  ふと思いついた事。

社会性はクソ、と当ブログで何度か指摘していますが。

それは「自分の中での定義」がクソなだけでは?という視点。

というかそうです。

教育→破壊→再生という流れは自然。




間違い1)個人より集団を大切にしろ


集団は己を大切にする個人の集まり、が最前提。

人間をたったひとつの細胞みたいに扱うのはやめろ。


間違い2)迷惑?多様性だろ

多様性の暴走。多様性は便利すぎて脅迫に使える言葉。

根幹は「個人の尊重」があるのでそれに逆らうのは「悪い多様性」。



間違い3)社会貢献しなくちゃ・・・

「生きているだけで社会貢献」というまず第一の真実。

社会貢献の単位が市町村なのか国なのか世界なのか、でまた話が変わるが。

個人が幸せに生きる、そんな人たちの存在自体が国の繁栄であり社会貢献のかなめ。

自分の生活が苦しいなら、助けてもらうことが社会貢献となります。


間違い4)マナーと常識がなければ恥を知れ

ゲームなんですよね。いかにどっちが人間として徳が高いか、みたいな。

知らなければ人間失格みたいな風潮がありますがこれは習得した者が自らを勝者にしたいがために敗者を作り上げる構図。

トップダウンの知識、情報。

あとマナーの意味合いの拡大も気になりますね。

車のあおり運転等の危険行為を「マナー」に属させるのは間違い。

マナーや常識は「お遊び」なので生命に関わる、尊厳を傷つける行為は当てはまりません。


マナー・常識を広めたい人はeスポーツを広げようと奮起しているゲーム業界を見習うべきですよね。


「てめえはこのままだと弱者だから俺が強者への道を教えてやる」なんてやり方通用しないですよ。

通用したならこれこそ「ルールによる奴隷化=反社会貢献」なので潰すべき概念になります。


楽しいよ、みたいなことが大切ですよ。

食事のマナーだって「魚が骨だらけだからって手を使ってはいけない」もゲーム性が高いんですよ。

「よっしゃできた!」てなりませんか。それができないとだめ!みたいな面倒な付加価値があるから反発心生じて手で食う。






0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ