2019/1/13

星の子 今村夏子 感想  読書(感想、気になる本)

病弱な主人公を治した「水」を発端に宗教に入信した両親。主人公は「外」と「内」を行き来する中で流れに身を任せ生きていく。



ネタバレ全開です。

なぜ読んだかというと「宗教×親×子供」を無性に読みなくなったからです。

僕が期待していたのは家族が崩壊し親が泥沼、子供は家族と縁を切り成長する的な物語でした。

ユルやかですがその兆しがる、が度合いが低く感じ肩透かしを少し感が時ました。

最後は盛り上がる!というアニメや映画ばっかみてたのが原因か尻切れとんぼ感を強く感じました。

「え!続きは!どうなるの!?」とあたふたしながら最後の数ページを何度も読み。


月に10冊は本を読む!くらいの人なら結末をあやふやにした本作は良いかもしれないが、月に小説1冊読むかどうかレベルの僕は若干ながら本選び失敗したかな、と思いました。

しかし読後、頭の片隅で常に本作を反芻していくうちに「読んでよかった」にたどり着きました。

その理由は「自分の目を持つことは人生のテーマ」だと気付かせてくれたからです。。

その辺は後術する「自分語り」にだらだらと長文で書き綴ります。


なので「人生の糧になったと自覚できる、読んでよかった本」です。

うやむやで具体化できない自分の思考を表現してくれる手助けしてくれた小説です。





自分語り__________















◼キーワード「誰かの目」
「誰かの目」が介入することで読者の印象ががらっと変わる仕掛けが組み込まれている。


主人公からみた両親の日常が「先生」からみると不審者。

そして「先生の目」を通した「主人公」も両親を不審者とみなす。


主人公は両親と別の人間であり「同化」はしてはいけない。

「両親いつもあんなことしてるんです、外は目立つからやめなよと注意しときます。」というのが理想。

ただ主人公自身も宗教を信じている部分もあるからこそ親を否定できず同化してしまったのかな、とも。


◼「他人のこと考えろ!」教育が憎い

少なくとも日本のコミュニケーションはトップダウン。

立場が上なら失言は許され下は気を使わない発言をしただけで生活が崩れる恐れ。


だからこそ有効なのが「他人のことを考えろ」です。

弱者は自然と「言葉」を奪われる。なぜなら強者が何かしらの攻撃を仕掛けるから。


他人の言葉を理解し尊重する能力があれば「言いたいことはちゃんと言え」にすり替えられる。


僕は「他人のことを考えろ教育」を浴びた結果「他人はこう考えているはずだ」という傲慢さが芽吹いた。






まだ幼い頃、現実と空想の見分けがつかず危ない行為を真似したり、怖い話を信じたものです。

つまりこれは「空想を同化」してしまったということ。

成長することで2つを分断できるようになる。


そして今僕が必要なのは「自分の思考」と「(自分が想像した)他人の思考」とを分断すること。

未だ勝手に他人の思考を自分のに当てはめ「いや、言葉の裏では」とか考えてしまう。

これは相手が自身の言葉を話せないとい決めつけた、愚弄する行為でもある。



他人のことを考えろ!は言葉として未熟。

「他人の意見をちゃんと聞け!」

これが正しい指摘です。「他人のこと考えた結果です」と言われたら「勝手に代弁すんな!」です。

もし本人の気持ちと合致した時もそれはたまたまです。しかも合致度100%はあり得ない。






◼優しさ中毒

「他人のことを考える」が的中すると「やさしい」という称号がもらえます。


僕は「やさしさ中毒」になっていました。

僕は自己犠牲を持ち出しても優しを求めてしまう。

「他人のことを考えろ教育」が欲している成果とは

・やさしい人間になる
・思いやりができる人間になる
・自己中心的な人間にならない

だと思いますが、全部傲慢なんですよ。

全部自己決定型の考え。そして「100%社会貢献&自分に得」だと思い込ませている。

拒否する権利を奪う行為。好意を邪悪化させることを拒ませる。



◼やさしさ2.0

ここ数年はやっている主張に「2.0」をつける風潮に乗っかりました。

だからって僕はやさしさをやめません、というかやめられません。

なぜなら社会貢献にもなりますし自己防衛にもなるから。

僕は「無害なやさしさ」を目指します。

害あるやさしさとは「関与レベルが高い」こと。

そして「失敗をしても(=相手からは迷惑)へこまない」こと。

「やさしさ成功率を上げるため」じゃないということ。





「関与レベルが高い」とは相手にとって負担になるレベルのことです。

個人差、例えば知り合いかどうかで変わります。

知り合いの場合は肩についている髪の毛を取っても「関与レベルは低い」ですがそれが赤の他人だと「高い(=何こいつ!?)」になるわけです。




やさしさを発揮できるって、その本人にも恩恵があるわけですよ。

僕みたいな「やさしさ乞食」は10分歩くだけでやさしさを発揮できるポイントを指の数より多く見つけられます。

その中で「自分にとっても、相手にとっても無害に近いやさしさ」を選んでいきます。


じゃあ川で溺れている子供を無視するのか?というツッコミ。

僕は泳げないので木の枝を持って「これにつかまれ!」ぐらいはします。





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ