2019/2/1

ゲームが上手い=ソフトのおいしいところだけをプレイする!?  ゲーム

バイオ2reをやって考えたことですが。



ぼちぼちクレア編「裏」をしていますが、やっぱ共通点、レオン編「表」と同じ時間軸の話のはずなのに共通点が多い。

つまり同じ時間軸じゃないんですよ。「風」です。


なので、特に謎解きがほぼ同じで遭遇するたびに本作の評価を落としています。


あとタイラントいい加減にしろ。久しぶりに「無心モード」を利用しましたよ。

感情をなくしただコントローラのボタンを押す。バイオ7以来です。





で、なんですがゲームの上手さというと「技術」「知識が豊富」だったりを指します。

ゲームの上手さの中に「楽しむ上手さ」もあると思うんですよね。

これは僕の経験知ですが、何事にも楽しめるポイントのみすくい取る技術って人生において大事。

楽しくない、嫌な想いをすることも大事とか言いますが、それは結果でないとダメ。

嫌な思いをするためにやる行動なんて価値あるんですか、っていう。




バイオ2は僕にとって1週目のレオン編が最高だったんですよ。

だから、欲を出さずにそこで終えるのが「ゲームのうまさ」なのかな、と。

深入りはしない。人間関係と一緒。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ