2019/3/10

自己愛を知的障害と言い換えた幼年期を送ったことによる障害  ふと思いついた事。

タイトルがおっかないシリーズ。



20代後半になっても自分のやりたいことがあると「自分以外にもいるか」が気になり、自分だけだとわかると「知的障害の証明をしてしまった」とうなだれる。


だから独りよがりな、今からでも自己形成をしなければならない。


本来親が、教育者たちがすべきことのはずがそれを破壊されたので、自分には体の成長の手助けをしてくれた親がいたが内面を成長させてくれた親はいなかった、と割り切らなければならない。



自分が自分の親になるしかない、と覚悟を決めたらなんか楽になりました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ