2019/3/15

スパイダーバース 感想  映画(見たもの、見たいもの)

みんながみんな絶賛した映画。


ただ僕は、まぁまぁ低評価です。以下感想。ネタバレありです。





◼映像は良かった

いきなり遭遇するスパイダーマンのバトルを俯瞰した視点。

加速器内の鮮やかで目がパニックを起こしそうな背景。

にもかかわらずはっきりとアクションの見分けがつく。

映像は本当にすごかった。

この類は「ストーリーがわかった上で2週目を見ると評価が上がる」です。


◼ストーリーがかなりきつかった

本当に、こればかりは僕の人としての経験によるものです。

本作の家族ファミリーに溺れてしまった。

溺れて、息ができなくてそのまま深海へと沈んでいった。


笑えるところが笑えなかったですし、感動するところが「何こいつ腹たつわ」とネガティブに。

主人公が子供だったので仕方ないですよ。

だから物語は子供向けと割り切ることです。

こんなこと書きづらいんですが、説教くさくてムカつきが発生しましたね。


上映最後まで物語に期待してしまったのが失敗でしたね。

SAOも「子供向け」と割り切ればきっと楽しいはずなんですよ。



◼2作目以降はかなり期待して待てる

あとマイナス点だったのが「こんな楽しいメンツのアクションがこれだけ!?」というところ。

物語パートは冗長に感じ「早く・・・アクションを!」とイライラしながら。

全員でのバトルシーンはどれも、よっしゃきた!!と。

体感短かったんですよね。時間は相対。


で、なぜ2作目期待かと言うとラストですね。

次元を行き来できる技術。これで遊び放題ですよ制作側は。

だからこっちも楽しませてくれよ!という感じ。


◼ちらつくデビルメイクライ5の存在

本当に、デビルメイクライ5が僕にとってすごすぎたんですよ。

僕は「感動」をジャンル分けすることができないタイプなんだなと改めて。

ゲームはゲーム、映画は映画、ではなくて感情動くものは全て同一ジャンル。

なので「デビルメイクライの感動には届かないな・・・」なんて比較して。

比較しちゃいましたね。

それほど期待していたってことですね。

◼総評

スパイダーグェンが想像以上に良かったですね。

特に変わった特殊能力が見受けられませんでしたがツッコミ役としても機能していて。

3Dで見たんですがSWep7の次に良かったですね。

映像、アクションは本当に良かったんでブルーレイでたら何度も見たい。

絶賛されている作品なので言いづらいんですが、それほどでした。

ただ僕が気づかなかっただけという可能性が非常に高く、それを理解できない悔しさもある作品です。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ