2019/3/25

ハイスコアガール 10巻(最終巻)感想  ふと思いついた事。



★感想

泣きました。

こんなベタベタで想像だに優しい展開なのに。

終盤のセリフが省かれ絵だけが続くページ。

もう近寄らざるおえない、言葉の隙を作らない二人の関係をページ数をめくるスピードで感じ取れました。


漫画としての物語自体だけではなくて、自分の人生も照らし合わせてしまった。

大野派、日高派とかどうでもいいです。

人は人を幸せにさせてあげたいんだなーと、なんか世界が明るく見えます。

「フィクションの、漫画なんかに感化されやがって」とかいうツッコミ。

全人類そんなに愚かではなくて、実生活と共通する部分があるから意識できずとも照り合わせられる。

人間はフィクションの塊なんですよ。

漫画はそれが顕在化されてるが故にバッシングされやすいだけです。




こんな素晴らしい物語は紡げなかったとしても、人の目を気にせずに同級生の女子にゲームの面白さを伝えとけばよかったと。




★自分語り

後悔。

でもこの後悔は「ネガティブ」ではないです。

自分の可能性を教えてくれました。



僕は学生時代、同級生の女子にゲームの楽しさを教えて一緒に楽しむ努力を怠った。

「キモい」とか同性から「女好き」と言われて嫌われるのを恐れていた。


「女性にゲームをする人が少ない」と嘆くことがありますが、それは僕が原因でもある。

ゲームの楽しさをしっていたのに、それを教えてあげられなかった。


「自分なんか」という卑下はありましたが、やっぱり他人の目と自分の立場ですよね。

いじめられるのが怖かったんですよ。実際女子生徒と仲良い男子たちを貶したり仲間はずれにしていました。

これは今考えると、女性差別でもありますよね。異性とのコミュニケーションの機会を奪う。


ただ、当時は「女子とゲーム」よりもそっちの方が断然価値が高かった。

だから当時の自分を責めることはない。よくがんばったな、だけです。

現在の自分が後世に説得力ある説明をできる能力を得た、だけです。



あと、ゲームに全く興味のない女子に魅力を教えハマらせることができた可能性がある、というのを実感できてよかったです。

 

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ