2019/4/28

勝手にふるえてろ 感想  映画(見たもの、見たいもの)



愛する顎割れ女優松岡茉優主演。

僕も顎が割れていてかなりのコンプレックスなので、同じ顎割れ仲間と信頼を置いています。




ラスト、ラストまで本当に面白かったです。

引き込まれました。終わりまでずっと飽きさせない、目を離さない作りをしっかりと構成している。

結構長いただ号泣するだけのシーンだって見ていられる。鑑賞者のカタルシスを咀嚼させてくれる良い休憩時間なんです。






で、ラストのどこが気に食わなかった。

やっぱ「2」とできてしまったことですね。

個人的価値観。劇中で主人公が吐露していたように勝手にずけずけと心の中に入ってくる奴に心許したらだめですよ。

自分が勝手に、被害妄想だと揶揄されるような感情を受け止めてくれたって、心許したらダメですよ。

反面教師です。

NETFLIX配信映画「フランスでは有名人」では受け入れる家族を最優先した結果虚しさがずっと心を引っ張る。

僕はすごく共感をして「受け入れる」ことへの安堵さとともに「どかかしかの欺瞞」を感じ取ってしまう。

受け入れられる安心?そんなことより我を通すほうがいいだろ!!なんですよね僕は。




主人公は女性なんですが、こっち側の人間ですよ。

こっち側、飲み会嫌いだったり自分の時間の方が大切に決まってるじゃんと心底思っていたり、人間関係最低限だったり。

ただ、ただ此処一番の行動力はありますしラストで人間関係ひらけますから性能がダンチですが。




僕は恋愛映画が好きです。

なぜなら経験したことないのに「擬似的に」経験させてくれるから。

同じ経験していないのに「共感」するんですよね、わかるーって。

僕でもそうするよって。そういう感情になるよって。


「1」のあの言葉。まだまだ頑張り次第で発展できるのに、あの言葉で砕け散ってしまった。


ただ最後。ああくそ、最後。ああ・・・・。



大変面白かったです。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ