2019/5/25

差別感情は誰にでもあるのでいちいち目くじらを立てない方がいいのか?  1日まとめ記事



僕は差別を強く嫌悪していますがある分野で差別感情を持っている。

それを「しょうがないじゃないか」という割り切りが強くて差別という認識はあるものの問題意識は低い。


差別感情はカテゴリーが違えど誰にもであるもの。

僕が他人の差別に敏感なのは被差別による苦しみを幾度も経験してきたから。


差別はしてもいいが他人に実害を出してはいけないものの、僕の場合はわざわざ実害を拾い上げているのかな、と。

他人の一意見として軽く受け流すくらいでいい。



僕の拾い方は「これがその人のルールなんだ」と認識しそれに合わせる。

「相手を傷つけないために」という行動ながら自分自身を押し殺してしまう。



もうそろそろ高いレベルのコミュニケーションを自ら敢行し対応できない人はスルーするくらいにならなければと自戒。

お互い違う価値観だね、お互い異なったルールがあるんだね。だけどあなたと譲り合う気持ちもなければ犯し合う気持ちもない、と。

それで犯されたときは抗議すること。やめろ、と。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ