2019/6/11

すごい!→すごいと理解できた自分がすごい!  心の叫び



例えば目の前で量子コンピュータに関する何かしらの式を展開されたところですごい、なんて思えませんよね。

思えるならそれは専門家です。


要するに、すごいと思えるのは理解力があるから。

で、わざわざすごいと主張するのは「主張自体に価値がある」と確信しているから。

この流れをぎゅっと凝縮すると「すごいという主張は自分がすごい!と褒めている」。



だからと言って僕は全く否定するつもりはなくてコミュニケーションの一つの手段として使えるので。

ちゃんと意思疎通ができるコミュニケーションはストレス解消、快感。

なので「ただ自分がすごいと主張したいだけ」であっても価値は大あり。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ