2019/7/19

京アニ放火事件に関して思うこと  1日まとめ記事


昨日ニュースを知ってから1日中ぐったりしていました。

大げさではなく、アニメ好きなら京都アニメーションが作成したアニメの動画・作画を見て「明るい未来」を感じ取れるはずです。

「明るい未来」とは「まだアニメーションのレベルが上がり続けているんだ」と素人目にもわかることです。

まだまだ新しいアニメを見せてくれる、つまり僕のこの先の人生も楽しませてくれるんだ、と。




それがもう見れない、とはなって欲しくありませんが、「京都アニメーション制作」のテロップの意味合いが事件発生前と後では意味合いが大きく変わってしまった。

自分勝手な願いと、被害に遭われた人、その知人や親族達の今を考えると「複雑な心境」がそのまま分離せずに心に留まっている。


自分の中で「喪失感」と言いますか、心が重くなる感覚はいかにアニメーション作品が自分の一部となってくれ僕を生かしてくれてたのか、というのを実感。

今度からアニメグッズを買う際の購入が変わりますね。応援のために購入、が購買理由となります。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ