2019/8/18

【アニメ感想】5等分の花嫁  1日まとめ記事

2019年1月〜3月まで放映されたアニメ。

内容はとある共通性を持つ5人の女子高生を秀才の男子高生が家庭教師として赤点から脱出させる奮闘記。


以下ネタバレ感想



ギャルゲーチックで美少女を一人ずつ攻略していく流れで「よし落とせた!!」「これは・・落とせたのか???」と一喜一憂するのが楽しみ方。

5人別々の性格なので、一人くらいは自分の好きなタイプ見つけられるんじゃないですか。

僕は全員好きですが。



多くの他作品では1話で完結する「祭り」「修学旅行」が各3話と多めで、引き伸ばしで内容が薄まってると思いきや鑑賞に耐えられる程度の内容の濃さはあります。

ラスト急に結婚式場に場面が移り変わり、本編は主人公が就寝中に見た夢だったのかと思いきやそうでもなく。

タイトル「花嫁」を帳尻合わせした模様。原作はまだ連載中でアニメオリジルな展開なのかも。

「美少女キャピキャピ系」に完全に適応したのか、それとも過去の数多ある失敗作から学びが蓄積されクオリティが底上げされたのか。



見ていて心の揺れる振幅は小さいので見る前と見終わった後、感情に変わりがないと思います。

最近感動させる作品、かわいそうな最後を迎えたり心を抉る系が苦手になってきました。

余韻が邪魔、という価値観に変化しつつある。

なので本作はちょうど良かったです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ