2019/10/7

ソードアートオンライン 3 感想  1日まとめ記事


「自分は苦手だけどなんか世界的に人気でなぜそうなのかわからない」代表的な作品。

「対象年齢が小学生未満」とすると納得するんですが。


見ました。と言っても前期、24話までですが。

以前の作品よりも明らかに良くなってるな、という感想です。

どこがかというと、描写が丁寧、唐突さが激減したのと「イキリト成分」が激薄になったところです。

ただ、ライトノベル原作とアニメのギャップが埋まりきれていない印象。

原作で描かれた戦闘シーンや演出は本当にこの映像でいいの?と原作擁護側の立場に立ちます、未読ですが。

とある〜でも同じ印象を抱いたんですが「陳腐」に移ってしまう。「よくあるもの」のような。

「作者が描いた独特の世界観」を「文字だけで表現」する限界がみえました。

ライトノベル原作の限界。「よくある世界観のライトノベル」と「独自のファンタジー世界観のライトノベル」の違い。


このギャップは未来永劫縮まることはないような気がしますね。ライトノベル作家は絵の練習もしてほしいな。。と消費者側が何を偉そうにと突っ込まれそうですが、文字だけだとやっぱ限界ありますよ。



ここまで語りましたが一言感想。言葉を覚え始めた小学生が語気が強い言葉ばかりつかう現象ってあるじゃないですか。すぐ「人生終わった」とか「神!」とか言ったり。そんな感じです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ