2019/10/12

調子に乗ってる姿は嫌われて当たり前だが自分は無視して続けるべき  1日まとめ記事


調子にのるな、と親から何度も言われ続けました。

調子にのると他人は不快に感じ、自分を嫌うから。



でもこれは間違いで調子に乗り続けたほうがいいんですよ。

「調子にのるなよ」「足元すくわれるぞ」とか言いますけど。

そのなんちゃってアドバイスを信じるよりも、調子に乗って足元すくわれるほうがトータルでプラス、な気がするんですよね。



なんちゃってアドバイス、は実際脅迫で「調子に乗ったやつには攻撃をしてもいい」という教育を受けてきた信じて生きている人なんですよね。

まず調子の乗る、ってなんなんですか。気分良く過ごしていたらそれだけで調子乗るですか。

いいことがあって喜んでたら調子にのるなんですか。


そんな曖昧な定義を持つ言葉で他人のポジティブエネルギーを奪って何様のつもりやねん、ていう。




嫌われて当たり前なんですよ。調子に乗ってる姿を見ると自分が損をしていると思い込む。

調子に乗ってるやつは攻撃していい、という信仰もしていますし。

「調子に乗れないから」という劣等感を隠すための攻撃もしますね。


「ほら一緒に調子に乗ろうよ!」でいいんですよ。

嫌われるのは当然なので、調子に乗り続けていいんですよ。

調子にのるってすごい状態ですよ。できる限り長引かせるべき状態です。


調子の乗る努力をすることの方が大事。


調子の乗る、というのは戦いです。

お互いどれだけ長く調子のれるかの勝負。

負けを認めるのが大人じゃないです。調子に乗り続けることが大事。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ