2020/1/26

【言葉疑問】成長するには心地良い環境はダメ、とやる気が出るまで待つ  1日まとめ記事


成長するには心地良い環境はダメ

僕の人生経験上、これは嘘だと判定しています。

こう発言している人の中身、文章を読むと「成長するために心地が悪い環境を選べる、この余裕さが心地良い」だよなって突っ込んでしまう。


僕はこの言葉を鵜呑みにしてただただ精神的にダメージを受けて、無駄に他人に厳しくなっただけだった。

心地良くなる環境を構築する過程こそが成長につながりますし、構築できると次の課題へと移りまた成長する。



自己満足、ただ悦に浸って他人を見下している言葉です。

「成長できる」っていう環境自体恵まれているのに「自分は今心地悪い環境にいますよ」というアピール。

がんばってますよアピールを隠すための自虐風自慢。

少年時代僕はこの言葉を鵜呑みにしてしまった。本当に害悪。

心地良い環境にいる人しか言えない言葉です。



・やる気がないならやる気が出るまで待つ

これも少年時代の僕を狂わせた言葉。

なんなんですかね。これは「俺ってさ、待ってるだけで勝手にやる気出ちゃうんだよ」ていう自慢ですただの。

やる気は設計しなければなりません。

運動するのか、美味しいご飯を食べるのか、ノートに落書き程度の計画を書いてみるのか。

まるで自然発生をしない人間=クズみたいな言論。

「やる気」自体の定義も各々ですしね。


なんかもっと、各自自分のパラメータを作って他人に否定されようが自分固有であり、否定する側は理解不足なだけってさっさと切り捨てたほうがいいですよ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ