2020/3/21

今まで使っていた「技術」という言葉は間違いで本当は「管理」なのかもしれないと気づいた  1日まとめ記事



●しっくりこない「技術が高い」

「技術が高い」と褒められてもしっくりこず。

「誰だってできる」と僕は本気で考えているので「作業内容を見られると技術力がないことがバレる」とヒヤヒヤします。

で、その際に「そもそも技術ってなんだろ?」と疑問が浮かびました。



●自分は持ってないが他人が持っているもの?


自分を評する際は「技術が高い」なんて微塵も思いませんが、他人の作品や仕事を見るとそう褒めたくなるんですよね。

このことから「技術」という言葉の問題なのかな、と思い始めました。

はっきりと定義されている言葉と思いきや曖昧な言葉。


●代わりにしっくりきた「管理能力」

経験や参考で得た知識。

その知識を実際利用し、適材適所に当てはめ評価する。

効果を得るために使う道具はこれで合っているかどうか、とか。

それらを管理する能力、と言い換えるとしっくりきました。



●管理能力、と言い換えることで楽になった

技術力、だと自己責任の比重が高いんですよね。

「技術力がない」と言えば「使用している道具」よりも「自分の腕の使い方が悪い」「考え方が悪い」からと。

対策は反復練習とか上手い人にアドバイスを求めにいったり。

一方管理能力だと「ただこの道具が目の前の作業に合っていないだけ」となりもっと良い道具、適応度合いが高いものを探そうとなる。


●自分を追い詰めないために

ドライバーやペンなどの具体的な道具にかかわらず。

人とのコミュニケーションだって「苦手な相手とうまくできない=コミュ技術がない」ではなく。

「技術じゃなくて噛み合う接し方を知らないだけ」とすれば「手探りで探してみる」という改善の兆しを見つけられる。

「技術力」って所詮言葉なので臓器でもないし幻想です。

そんな言葉が己を締め付けるなら軽くぽいっと捨てていいんですよ。

技術よくじゃなくて管理能力。

管理する責任は自分にあるわけです。

合わなかったらそのまま自分の責任にするのではなくて、道具が悪いのか、考えが悪いのか検証をする責任。

そういう面では技術力よりも厳しい現実を突きつけられるんですよね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ