2020/3/27

僕は「中間色」を認識することが下手くそすぎる  1日まとめ記事


●中間色の発見

グラデーション塗装をしていて。

どうも綺麗にならないと汗くせ。

で、最近やっとわかったんですが「中間色」がないとダメなんですね。

ないと二つのグラデーション部分が濁る。

あると綺麗な階調ができる。

昔から多色グラデーションはやっていたんですが、中間色の重要性を認識できたのは今回が初めて。

本当にやっと。これが「才能がない」証拠なのかな、と。




●中間色はあらゆる事象に応用できる

中間色は「知識がないとぱっと見じゃ認識できない」ことだと言えます。

例えばギャグ漫画。

「ハゲ親父」が「苦労」する話が面白いという思い込み。

ただハゲ親父が苦労しているだけだとかわいそうだとか、悪い偏見で作者の知能を疑う。

だけど、その二つをくっつける「中間色」、例えば「ファンタジー世界では超イケメンだった騎士が転生した姿」とかだとまだマシになります。




●やってみないとわからない=ちゃんと中間色をわかっていますか?

表にでてる表現、真似が簡単な表現、簡単に真似ができると言い負かしてしまう事柄。

「こんなの簡単でしょ」と見下して実際やってみると「あれ、、なんか変だ」と違和感。


「やってみないとわからない」のは「ちゃんと中間色を認識できてますか?」の確認なんだな、と。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ