2020/5/30

なぜ否定を「攻撃」と認識してしまうのか  1日まとめ記事



1人の否定が伝播し周囲の大勢から「見下してもいい存在」に陥った経験があるから。

つまり「否定」の効果によって起こり得る被害を先取り、感知している。


反撃してこなかったツケ、というか反撃はしてきましたが結果損な経験ばかりでした。



今後生きていく上で「このような経験は全人類が通っている」という解釈の元生活していこうかと。

「否定」=攻撃、と先読み能力は誰にでもあるということ。



逆手に取ると人間なんでもかんでも「先読み」をして思い込んでしまっている。

なので「実際やらないとわからないじゃないですか」精神。

すっげえ雑な精神すけどね。

良くも悪くもですし。

ただ怯える時は正しく怯えているか、不安な時も本当にそれが起こるのか、を立ち止まって考え実際その時になってみないとわからないじゃないか、と我に帰る。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ