2020/5/31

石橋を叩いて渡る、の自分の度合い。  1日まとめ記事



どれだけ橋を叩いて確かめるか、という自分への問い。

個人差が大きい感覚。

ガレージキットの場合

・一作目
見本通りに作る

・二作目
一作目と見本と比べて、見本より劣っているところを改善して作る

・三作目
自分が思うように作る。



オリジナル、ではなくてすでに見本、アニメ漫画キャラクターのフィギュアの場合、自分が思うように作るのは三作目以降。

二作目までは「石橋を叩いている」状態です。

多分、この「橋を叩く度合い」は高い方。

一作目で「思うがまま」の人がほとんどじゃないでしょうか。



見本を参考にするとどうしても「伝言ゲーム」なので「差異」がでてしまい、それが「低クオリティ」の原因になる可能性がある。

なのでそれなら見本を通さない方が結果クオリティが高くなる、なんてこともよくある。

なんにしても、一作目は必ず「ああすればよかった!!」という後悔というか反省がでてくる。

なのでそこは諦める、そういうものだと割り切って悩まず突き進む。


時短。時短は正義です。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ