2020/6/4

何か聞かれた時にリスクから説明し不安にさせる天才それが僕  1日まとめ記事




最近気づいこと。

「どうやってやるの?」「うまくなるにはどうすればいい?」とか質問され答えると今のところ100%不安にさせています。

さすがにこれはおかしいなとやっと気づき分析したみたところ、まずリスクを説明しているという共通点。



僕の目的はあらかじめリスクを説明することで失敗した時に落ち込まないように、というつもりでした。

しかし相手からすると「ただただ怖い」という情報を与えられただけで、それのリカバリーも教えてくれないと不安でできない、ということに。


責任転嫁しているようになるんですね。

「これだけリスクがあることをする責任を持つ覚悟はあるのか?」と。

安心させるためのコミュニケーション手段が不安を煽っていることに。




リカバリー方法も伏せて。。ということですがほとんどないんですよね。

「時間を戻す」とか「壊れたら新しいのを買う」とか、相手にかなり負担をかける。

当たり前ですがその負担は僕は持てないので相手が持つしかなく、かといってその失敗リスクがある以上手を動かせない。





「じゃあやらない方がいい」ってなっちゃうんですよね。

そんな危険犯すくらないら現状維持の方がいいじゃないか、て。




つまり「現状維持が一番」と思わせる言論を僕はしていたってことです。


ていっても難しんですよねー。

アドバイス求められた時点で「俺の責任をお前に託す」っていう感じですし。

勝手に託されても困りますし、責任なんて取れないんですよ。



だからやんわりとしか言えないな、と。

自分はこうした、他の人にも聞け、とか。

真剣に考えずにアドバイス100求められたら10くらいでいいのかなって。あとは補填しろ勝手にって。



失敗を恐れずにやるのが一番なんですけどね、勝手に頭が教えてくれますし
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ