2020/7/4

批判が思い浮かんだ時、自分を否定する癖をなくす試み  1日まとめ記事



一見良い行いなんですよね。

批判、否定を改め相手の自由を認める、と。

だけど「相手の自由を認める」という行為は「相手に関与しない」時点で成立するので、関与しなければ何を思っても問題わけです。



いくら否定・批判が思いついても自分だけで完結するならばむしろそれを尊重した方いい、という考え。

いちいち自分を咎める必要はない。まずは自分の第一感情を大切にする。


こんなことするとファシズムに片足突っ込むことになるのではないか、という心配。

自分ファースト、相手がおかしく自分は絶対に正しい、と。


そんなことはなく自分もおかしく相手もおかしいで十分いいですし、おかしさも有害無害あってさらに多種あります。

なのできっちりとしたルールというのは作れるのは不可能で、ただ自分の感情を肯定し大切にする運動。



なんかいつも「自己中でいこう」的な記事を書いている時「でもこれって戦争につながらね?」と大げさに考え問題を深刻化する傾向があります。

ですがそんな拡大する必要性はなく、繋げようと思えば人間沢山の言葉、知恵がありどこからでも繋げられるんですよね。

繋げるとあたかも「切り離せない関係」と言葉のマジックに騙されますが、いくら言葉・理屈が成立してるからってそれが有効なのかは確定せず、むしろミスリードになることも多々ある。



だから自分の感情を第一、それで終わりです。はい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ