2020/8/23

人は「周りには偉くなって欲しくない」願望を持っているので注意を払う  1日まとめ記事




主観ですし自分でも当てはまるので、あえてこのような醜態をはらんでいるとすることで足の引っ張りを無視するために。



周囲の人間には偉くなって欲しくない願望。

友達、近所の人、家族。

周囲の人、自分より下、上だとしてもテストの平均点10点くらい上。

自分より偉くなると「成長していない自分」と比較から認識し、攻撃されているかのような感覚に陥る。

なので足を引っ張る、巧妙に「私はそれだめだとおもうなぁ」「なんだか変わっちゃったね。」「前の君の方が魅力的だったよ」とか。

偉くなる=成長、向上を阻害、君の認識は間違っているから戻ってきた方がいいよ、というアドバイスの皮をかぶらせる。




なので、周囲が急に冷たくなってもそれに引っ張られないこと。

また気を遣う必要はなく「ああ自分は偉くなったんだなぁ成長したんだなぁ」とのほほんと実感するだけでいい。



「君の良いところは人を気遣うところだよ。なのにそんなにガツガツしたらみんな離れるよ?」

というアドバイスを貰いました。

直感うっせーあばよ、としか思わず、ちょっと反省してみましたがやっぱうっせーあばよでした。

要するにこれまで通り利用しやすい支配しやすい使い勝手がいい家来のままでいてくれよ自立心持つなよてことなんですよね。




このアドバイスをした相手は一生自分を欺き続けますよ。

綺麗な言葉には物事を円滑に進めるメリットはありますがデメリットももちろんあります。

こうやって言葉だけ綺麗に使えば人間誰しもが持つ様々な醜態を見つめることがなくなり自分を欺き続ける。

いい人でいるこを自分に強いる。良い人じゃないのに。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ