2020/9/19

(無題)  1日まとめ記事



組織のルールで個人の仕事効率が悪くなる、これは無駄なので個人の好きなようにできるよう改善する。

なんでこんな簡単なことしないのだろう?と思ってたけど、個人の仕事効率が悪くて良い、というか悪いのは当たり前なんですよね。

組織に属すより個人でやった方が仕事効率が良くなる、のは当然。

だけど組織にとっては個人の仕事効率が悪くなるよりも、組織のルールに従う方が大事。

管理する面では一律のルール、やり方を押し付けて従順に守らせた方が効率がいいから。


なので組織に属す時は「効率が悪い」ことに疑問を持つ必要性がない。

効率が悪いことをすることが仕事。



効率を良くするとその方法の前例がないため比較できず評価もできない。

また何か損失を被った時は異なるデータになるため「勝手にやり方を変えないこと!」という反省しかできない。

大勢が同じことをすることでデータを集積し対応を簡素化する。





この仕組みは幼稚園、小学校で習うけどこうやって説明された記憶がない。

幼稚園でも小学校でも恐怖を与えることによって感覚的に分からせる教え方だった。

「みんなから嫌われるよ」「浮いてるよ」という直接言葉で注意をする方法。

急に冷たくなったり、クラスメイト達に無視するように命令したり、直接命令していなくても「危険人物」として扱うことで関わってはいけない人物という暗黙の了解を作る。



小学校は児童たちのものじゃない、管理する先生達のもの、はたまた教育委員会ないしは文部科学省のもの。

だから児童であるあなた達の個性は不必要だし管理者である先生の指示以外をすることは悪。

己を殺して先生に従うこと。それが学校。個性を出したければ学校に来る必要はない。



こう説明してくれればよかったのに、と今の僕は思いますね。


言葉じゃなくて不安を恐怖でコントロールし感情から学ばせる方法。

これは「言葉にすると冷酷なる」「個人の尊厳を蔑ろにする」を隠すため。



言葉にすべきなんですよね。

言葉にしないから歪んだ綺麗事がまかり通って変に物語性が生じて美談になってしまうんですよ。

さらにそれを信じて性格が歪んでしまう、個人単位で悪影響が出る。




0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ