2020/10/2

身体疲労をさせないと精神疲労が増す仮説、寝るために  1日まとめ記事



寝る。生きていくためには必要な行動。

なのでその行動に移すためのシステムが必要となる。

重要な要素として「疲労」がある。

寝るためには「疲労」を一定以上溜めなけばならない。


疲労には「身体的」「精神的」のに種類がある。

身体的は体を動かすことで体全体を疲労にさせること。

精神的は困ったことや不安から脳を疲労させること。



身体的疲労がない場合、脳は寝るために精神的疲労を無理矢理上げようとする。

結果出所がわからないもやもやした不安に苛まれることになる。


勝手な仮説。ちゃんと身体を疲労させることが大事、仮説。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ