2020/10/23

幼少時に自分より知能が高い人達とばかり連んだ後遺症  1日まとめ記事




後遺症。

最近気づいたこと、シリーズ。

幼少時同い年よりも年上の人達と連んでました。幼少時って1歳違うだけでも知能に大きな差がつくんですよね。

幼いながらも「知能が高いか低いか」を判断し年上(1〜5歳上)と自分から連んでました。

同い年と比べると周りに年上が多かった、というのもありますが。



平仮名よりも漢字を先に覚えたり、本来学ぶべきとされている感覚を飛ばしてその年上の人たちが学ぶことを一緒に学んでました。





その弊害、後遺症があるな、と最近。

というのは

1、目的を細分化できない

2、細分化できないので「一休み」ができない

3、それが原因で疲労度が高い

4、「すごく疲れる」ことが事前にわかっているので「すぐ行動」ができない、躊躇ってしまう



「レベル1」から一気に「レベル10」を目指してしまう、ということですね。

問題なのは自分の中では「レベル1」「レベル2」という段階だと思い込んでいること。

そして大事なのは、他人から見みて順序通りにやっているように見える、といこと。

ここ本当に大事なのでもっと詳しく書きます。




自分しかわからないんですよ、適正なレベルの順序が。

他人はあくまでも「見た目」と「自分のレベルとの比較」でしか見ることができない。

脳は「共有」でない完全独立しているので仕方ないんですよ。

なので自分がレベル1と思っていても他人からは「レベル10」に見えたりするんですよ。

逆もしかり。レベル10なのに他人からはレベル1に見えたり。




「レベル10」を「レベル2」と勘違いしているので「予想していた消費エネルギー」よりも膨大にズレるんですよね。

で、それが常習化すると「レベル1上げるだけでも大量のエネルギーが必要」と脳が学習する。

それで行動を起こすこと自体躊躇し、他のこと、ネットサーフィンとか寝転んだりとか、本来なら同じだけでのエネルギー消費量なのに余計な時間とエネルギーを消費してしまう。



細分化。多分、多く人は意識することはないんですよ。

本当につくづく思うんですが、人間は0歳児からの延長線なんですよ。

赤ん坊の時、幼少時と今の自分は「別人」だと思い込む、そうだという認識が常識となっていますが。

でも延長戦なんですよ、なので思考の癖とかの発端は0歳の頃から今までのどこかにあるんですよ。




レベル1から一気にレベル10に挑戦しても、その間のレベルを疎かにして知識の空洞化が起こってしまう。

細分化、背伸びせずに淡々と。プログラミングみたいにコツコツとシンプルなコードを積み立て続ける。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ