2020/10/26

心が死んでいく、と感じた時の対処法  1日まとめ記事




映画を見たりおいしいものを食べても何もときめかない。

面白い、とただ思うだけ。何の電気も流れず「信号が赤色」みたいな目の前の出来事をただ脳内で復唱しているだけの状態。


かれこれ10年くらい急に襲ってくる感覚なんですが、ここ数年はさらに頻発している。


今までの対処法は「それでも日常を過ごす」という、いわば時間で解決でした。


が、最近はこれを「心が死んでいく」と捉えより深刻な状態なんだという評価に変えました。

自分の精神状態の悪化は謂わば科学的にはわからないけど脳内で確実に異変が起こっている状態なわけです。

深刻に捉えることは決してわるいことではなく「深刻だからこそしっかりと見定める」必要性があると判断できる。





実際行う対処法なんですが、まずは「心が死んでいく」としっかりと気づくこと。

無理にいい刺激を与えるもの、映画とか食事を無理に摂取しないこと。

この時に摂取すると症状が緩和された際にも影響を与える。

例えば好物だったものがそうでなくなったり、映画だって傑作のはずが凡作に思えたり。



オカルト的な対処になるんですが、ただ時間経過を待つのはしたくなく。

なので「大丈夫大丈夫」と自分に言い聞かせることです。

とりあえず心を攻撃しないこと。

いくら他人からレコメンドされたものでも面白く感じず、先述した通り自分の好物にも全く反応できず。

「ただの時間経過」だと反応できない場面に遭遇する度に自動的に自己否定になるんですよね。



ツッコミを入れる、と言い換えられますね。

【今まで」】

1、脳が好物を摂取しても反応しない
2、どうしよもないのでいつかなおるだろうと高を括る。


【これから】
1、同上
2、普段は好意的な反応を示すものだが、今は心が死んでいる状態なのでそう反応できないと言い聞かせる

これをすることで治りも早くなるんですよね。

脳が気付くんですかね、確かに反応しなくなってるな、と。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ