2020/10/31

性格のコントロールは無理だけど強気・弱気はコントロールできる  1日まとめ記事


性格のコントロールは無理だけど、強気・弱気はコントロール可能だな、という気づき。

あと利点として現時点での立場をシンプルに解析できるんですよね。

落ち込んでいる時は「弱気なんだな」と認識し「どうやったら強気になれるか」と逆算できる。



何か躊躇したり、引っかかって一歩踏み出せない時は「強気になれる何かが足りない」という指標。

これに気づくだけでも自責、「自分はなんて弱いんだ」「なんて自分は勇気ないんだ」と責めてなくていい。

「強気になれる何かが足りないだけ」とあっけらかんでいられる。仕方ねえよな、と。


自責の代わりに何が足りないかを考え、見つけたらそれを取り入れる、という具体的な解決への行動を起こせる。

これだけでも今回の気づきは貴重。




会いたい人は「自分が強気でいられる人」ですね、多分。

「弱気な相手にだけ会いたい」というわけじゃないです。

自分が弱気でなければ、相手が強気だろうが弱気だろうがいいです。

あ、でも強気のほうがいいですよね。弱気だと変に気を遣ってしまう、楽しいふりをしているのかな?と自分も弱気が伝染しそうなので。



他人の言動の指標にもなる。

「弱気になるため」は特定条件、未来の自分が強気になるために今の自分を犠牲にするため、くらい・・・?

ほとんどの言動は「自分が強気になるため」なのかな、と。

大きな声で怒鳴りつけたり、無駄に大きな音でエンジンを駆動させながら運転するバイクとか。



「あーこの人強気になりたいんだー」という観察、「この人これで強気になろうとしてるんだなー」という価値判断もできる。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ