2021/2/15

ずるいと思われたくない症候群  1日まとめ記事





ずるい、と言う言葉には本来の目的よりも優先させる力を持っている。

対戦型ゲームで初めて「楽に勝てる方法」を編み出した人は「賢い」とされる。

だけどそれを真似て楽に買ってる人は「ずるい」となる。


本来対戦型ゲームの第一目的は「勝つ」なのに「ずるい」が入ってくると「勝利を避ける」ことに繋がるのに「ずるくない勝ち方をする」ことが目的となる。



「ずるい」はあらゆる目的をかすませる。

これほど力を持つ言葉、感情なので真剣に考えた方がいい。

ずるい、の重りは外した方がいい、というのは今の僕の考え。

法律とか考えると面倒なので今は考えません。

他人からのずるいは無視でよくて、自分の中のずるいをどう料理するか。

幼時からの蓄積が「ずるい」の価値をどんどん高くしていった。




道徳教育として「ずるい」はやってはいけないこと、と習ってきたけど。

他人を傷つけるとか迷惑をかけるからとか、そんな危険な言葉を含ませ「ずるい」に敏感にさせようとしてきた。

とりあえず、ずるいから解放される思考を作る。



今の自分は「ずるい」ががっつり食い込んでいて「分離」ができない。

「ずるいと全く思わない自分」と「ずるいと思う自分」を完全に分離させる。

ずるい、は本当に「自分の生きたい人生」という当たり前の目標すら潰そうとする。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ