2021/4/7

「理想の高さ」を維持するためには冷淡な切り捨てを瞬時にする必要性  1日まとめ記事



理想が高いと「執念深さ」が自然発生する。

だけどその執念深さはあちこちの方向へ行ってしまい、特にサンクコストへ行くことが多い、個人的に。

そうなると本来の「理想の高さ」よりも「もったいない」が優先されてしまい納得いかない形のまま突き進んでしまう。




なので「理想が高い」状態を維持するためには「切り捨て」をしていかなければならない。

損を感じてもすぐさま取り除く。

そうしないとすぐに「もったいない」の方向へ舵を切る。




あくまでも「執念」は「高い理想」を現実にするための焼べる薪。



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ