2021/4/22

幼児性のマイペース構築  1日まとめ記事


嫉妬含めた感情、他人の成果や行動で自分の行動やモチベーションが変わる現象。


僕の理想は「自分が決めたペースでの行動であり」「マイペースで一番速く」。

生きている以上誰かと競争せざるえず、誰かと比較されることは避けられないですが。

だけどそれが行動の第一原理になってしまうと「自分のやりたいこと」を見失ってしまう。

だからすぐそばを他人が走っていてもスルーしてマイペースに、だけどゆっくりとという意味じゃなくて自分の中では速い速度で、が理想。





こんな理想を語っても現実はそうはいかず。

夜ゆっくりしている時、例えば知り合いがめちゃくちゃ活躍したニュースをみると「自分も頑張らなきゃ」と焦り活動の速度を高めようとしたり。

ドジ踏んだことを知ると「自分は大丈夫」だなんて思ってゆっくりしたり。



ブレがでかすぎるんですよね。

これを利用すると「第一線を張る人達がいる環境にいく」ことが自分を高めるため重要な要素。

確かにそうで万人におすすめできる方法なんですが条件が厳しい。

まず自分がその環境にふさわしい優秀さが必要ですし競争意識を前面に出さざる得ない。




それよりも「他人に興味をなくす」ことの方が実現性が高い。

実現性とは知り合いとかの近況でいちいち感情を揺さぶれないようにすることについて。

自己防衛本能的な感じで自然と身につきつつありますがまだまだ足りず。

定期課題ですね。多分このブログに1年に3回くらい書いてそうな課題です。



見捨てるとか切り捨てとか、他人とのコミュニケーションの拒絶じゃなくて。

自分と他人の間に繋がってるのは感情とか思考とかで、実体として目に見える形のものはなく。

なのに「同一性」を見出してしまい自分の想定の範疇で行動しているという錯覚に陥る。

だから「あいつは成功しない」とか「俺より下だ」みたいな不明瞭な自分視点のデータをまるで精査されたデータ並の正確性があると思い込んでしまう。



自分のペースを崩さないというのはかなり大事だなという認識が近頃形成されてきました。

先にも書きましたが「ゆっくりと」という意味じゃなくて、マイペースを掴めると速度の調整をしやすくなるんですよね。

マイペースを自分で知るためにも、マイペース構築は必要ですね。

知っておくことで「限界」もあらかた理解できるので引き際を心得たり他人に助けを求められるようにもなるし。



僕は環境だったり他人の言動でペースを調整する人生を送ってきたので今からマイペースを構築しないといけない。

「ひとりよがりかも」と自分ルール的な排外の促進ではなくて、殆どの人達は幼少期にすでに達成し習得してること。

幼児がひとりよがりな自分勝手な行動をしてもおかしいこととはされず見守られる。

だけど成長し社会性が必要になる一定の年齢以上だとおかしさが際立つ。


なのでこのような「ひとりよがりな自分ルール構築」を幼少期に形成できず、さらにその構築を社会性を学習した大人になってからする場合は「違和感」を抱えながら遂行しなければならない。

未熟な幼児性を突き放してはならずちゃんと向き合わないと習得できない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ