2021/4/28

難しい、の向き合い方を変えなければならないと思った  1日まとめ記事


ゲームでもそう、というか僕の場合ゲームが発祥ですが。難しいの向き合い方について。

難易度が高いミッションをこなす=すごいこと。

これは間違いなく。

なので「自分ではできるかどうかわからないこと」に挑戦することに美徳を感じる。



だけど、それは自分には合ってないな、と今更。

といか人間に合ってないな、と。

再現性がないんですよね。「たまたまクリアした」みたいな。


「自分にとって難しいまま挑戦する」じゃなくて「難易度を下げる取り組み」をしないといけない。



システム構築。難しい事柄に挑戦するのは良いんですが、難しさは「ハードルを下げる」指標。

難しいまま挑戦するんじゃなくて、いかにイージーにするかシステム構築してから挑戦する。


難しい=
・成功の再現性がない
・成功した理由が「運が良かった」が大半
・本人の気力等のブレが大きいパラメータに依存。少しでも削られていると集中力が持たない。


難しいことに挑戦!
<今まで>
そのまま挑戦

<これから>
現段階で取り組み(システム構築)によりどれだけ難度を下げられるか検証。
結果やるかやらないかを判断。
どうしてもやらなければならない時は「その中でもイージーな部分の成功」を最低限の目標として挑戦する。




「難しい」って「挑戦するな!」ていう警告。

難しいことに挑戦!と決めた時は難しいけど、いざ挑戦する際は何度は下がっていてイージーの可能性すらある。


難しいの楽しみ方。

そのまま挑戦して何度も挑戦してクリア!ていうのが定番だったけど。

結局これも「何度も挑戦して経験を重ねて難度を下げる」作業をしているだけ。

なのにあたかも「難しい難度の状態のままクリアした!」と思い込む。

自分の中で「難度を下げている」ことに気付いていない。自分の中でゲーム難度を「イージー」に選択しているのと変わりない。

「自分の中での難度を下げる」作業が好きなんですよね。「難しい難度をクリア」じゃなくて。


クリアできた時点で、少なくとも法則性を見つけた時点で難易度は「難しい」ではない。

「難しいをクリアした!」じゃなくて「難しいから簡単にするシステムを構築できた」。








0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ