2021/7/25

失敗に過度なネガティブを付け加えるべきじゃない  1日まとめ記事


「失敗を見たくない」「失敗した自分を見たくない」というマインドに陥った時点でその人の人生の質が下がる。

そんな気がします。

失敗からしか始まらない、苛な僕にとっては。



結果どうなるかわからない、そんなことのために準備に時間をかけることに多大なストレスを感じる。

失敗を重ねて「準備の必要性」を脳に叩き込まないとずっと疑いながら準備することになる。




と書いていても、僕は未だ失敗を見たくない精神が抜けきれていれない。

だから「失敗から学ぶ」ことが苦手で、失敗はなかったことにしたい、見たくないから学ぼうとしない。

弊害として「自分の感覚」も信じられなくなる。

なんというか「偉い人の成功譚」にすがってしまう。自分の感覚なんかクソ、成功者こそ至高、みたいな。

失敗も自分からでた一つの答え。なのにそれを「なかったもの」にしてしまうと自分についての情報が収集できなくなる。






なので失敗を愛するというか。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ