2021/8/30

誇大化したナルシスト的行為はみんなも望んでいるはずだと思い込む試み  1日まとめ記事



少し前あるアーティストが「業界では常識中の常識」を「新発見しました!」と嬉々としたツイートをし、それがバズってしまい業界人が困惑、という出来事がありました。


そのアーティスのことを「何言ってるんだこいつ」と苦言を呈する人もいれば「宣伝能力が凄すぎる」と皮肉めいているけど実際厚顔無恥ながら堂々言い張ると称賛を浴びることについて褒めていたり。


僕はこの一連の流れすごく勉強になるなと思っていて、メンタリストだいごもこんな感じなんだろうな、と。

つまり本物の心理学者からしたら端にも棒にもかからない知識を妄想的拡張や新発見等の刺激的な枕詞を添えて100倍に誇張しているように見えるんだな、と。




大事なのは「だから悪い」というだけではなくて、類似の出来事は世界中で起こっているから注意を払うということはもちろんだけど、人生わくわくさせるために応用できるのできるかもしれない。



漫画ワンピースも同じような類だと僕からすると思うんですが、「勃起した下半身を誇らしげに大勢に見せつける行為」というのが適当な感覚なんですが、あまりにも下品なので使うことができず。


「誇大化したナルシスト行為がみんな望んでいるものだと信じ込む行為」ですね。

自分がやることはみんな喜ぶはずだというサイコパス的発想なんですが、これくらい思い込まないとやってられないな人生と思えてきて。


何か作るとき、映画とかも恐らくこの感情がないと不安で完成までたどり着けなさそう。

「みんな喜んでくれるかな?」という不安「ナルシスト成分高いから修正しないと」と他人の気持ちを勝手に先取りして修正を繰り返すのはかなり精神をすり減らす。


ならいっそう「はい俺が最高なものはみんなも最高だろ!」くらいじゃないとやってられない。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ