2013/2/12

エアブラシ道場  プラモデル(ガンダム以外)

この度、自分が開門したエアブラシ道場に籍をおきました。

孤軍奮闘します。押忍!

さて、今回はシャドー吹き。陰となる部分を塗装する技術である。

利点はメリハリがくっきりと付き立体感を容易に出せる点、そして短時間で出来る。

不利点は技術取得が難しく、メリハリが強いので自然ではない。

自分が最初にエアブラシを買った際、なんの参考書もなくグラデーションに挑みました。後からそれがハイライト、パステル調塗装と知りました。

その感じのグラデーションが好きで、1年ぐらい使用し、最近は「塗り重ねによりいかに綺麗な色を出すか」に重点をおいています。

そうです。シャドー吹きの道には通らなかったのです。

一度EXモデルのラビアンローズ塗装時に実践したものの、直線のラインに沿って塗装できないは、濃さが統一してないわと、技術の足りなさ、さらに「好みではない」のでそれから「昔の遺産」としてスルーしてきました。

しかし、最近「くっきり塗装もたまにはよくないか?」と思い練習に励んでます。

そして、その練習の成果(第1回目)はこれです。

クリックすると元のサイズで表示します

太さ、濃さ。。。これは。。。

エアブラシの特徴、吹き付け時間が違うと濃さが違う、を十分に表しています。

一定の速度で、一定の塗装面との距離を保ち、一定の指の力で吹く。それがシャドー吹き。

難し過ぎます。本当に。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ