2013/4/4

阪神を考える  

ここ数年の阪神は中途半端です。

黄金期でもありませんし育成に力を注いでおりません。

今年そう思った出来事は伊藤隼人の2軍降格。巨人のような常勝軍団ならば競争率も高く現状で優勝できる戦力なので納得できますが、鳥谷はこの時期いつものことですが、福留、コンラッドの新戦力が良い数字を出せておらず、西岡、大和、マートンの3人が好調。それ以外はいつスタメン落ちしてもおかしくないという状況化に置かれています。では代わりに。。。関本、俊介などここ数試合悪さが目立つ面々で期待ができない戦力です。広島の堂林、中日の野本(成功例ではありませんが)みたく我慢して1年間1軍で使い続けることが必要です。それが伊藤、大和、上本の3人です。大和は絶賛スタメン、上本は離脱中、伊藤は2軍。上本はもっと早く使うべきだと思ってました。西岡が打ってもあまりうれしくありません。折角の、阪神では稀の生え抜きで走攻守が一定レベル以上の選手である上本の起用に弊害をもたらすからです。阪神、優勝して欲しいですが、今日の試合を見ていると無理だな、最下位候補だな、と悲観的になります。
1番鳥谷、2番西岡。これを見たいです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ