2013/7/30

本  

電子書籍から本をまもれ

自ら発光しているか否かで同じ読み物でも感覚に違いがあります。

小説等のめり込む物はただでさえ目が疲れるので電子書籍だと辛いところ。

廃れないようになにか考えないといけませんね。

「時代は電子書籍!」と販売目的でない人が言うと腹立ちます。全人類サイボーグ化に賛成しそうな恐怖もかんじます。

2番は俊介。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ