2014/6/22

プロ野球スピリッツ2014、打撃改善は良なのか  

発売して3ヶ月経ちました。

やっと、今作の打撃システムを自分なりに解釈することができました。

先週アップデートした情報を元に書き留めます。


【ミートがヒットしやすく】


これは周知の事実であり発売当時から気づいていたことですが、ヒットが出易い。

ですが、バージョンアップ後少し打ち難くなったような気がします。

ヒットがでにくい、ということです。

特に低弾道、グラウンダーはライナーが多く良い当たりでもヒットがでません。

バージョンアップ前はヒットになっていたのかというとわかりません。

ただ、ほぼ毎日1試合している自分は「ヒットが出づらくなった」と感じました。



【バッティングタイミングが代わった】


これは良改善。。。ではなく悪化だと考えています。詳細は下記にて。



【流し打ちが超弱体化】

度を超した弱体化でしょうか。

流し打ち「だけ」コースによってバッティングタイミングが変化します。

内角に行く程「当たり難く」、ストライクゾーン内角ギリギリになると引っぱりよりも速いタイミングでボタンを押さなければ当たりませんし、当たっても強い打球になりません。

強い打球を打てなくなる、というのは理解できますが、タイミングゲージが縮小化するとは。。。

流し打ちは「投球をよく見ることができバットに当てやすいが強い打球を飛ばし難い」と認識していますが、今作で打ち砕かれました。

流し打ちとは!

「外角にのみ投球をよく見バットに当て易く、内角にいく程速いタイミングでスイングしなければならないが打球が弱いので外角にでしか使えない打法」

ですね。本当なんですか?(ネットで調べたところ内角、外角ともに過程は違えど狙って流し打ちができるようです)

では、今作で「内角を流し打ち」するためにはどうすればいいか!

引っぱり(×ボタン)を少しタイミング遅く押す、または引っぱりのなりそこないで写しかありません。

×ボタンのみで引っぱりと流し打ちを打ち分ける、相当の練習が必要です。

結局、流し打ちは外角には有効で、真ん中付近ではセンター返し用、内角では不要な打法となりました。

今まで「基本は速い球は流し、変化球等の遅い球は引っぱり」だった自分はこの思想を変えなければなりません。

6割引っぱり4割流し打ち

9割5分引っぱり5分流し打ち

に変更中です。

オンラインでは困ったら内角投げとけばヒットを打たれにくいですし、打ち難い。

あと、特殊能力「流し打ち」が変更されました。

今までは流し打ちのタイミングゲージ増加というメリットもありましたが、今回は削除。

ただ打球がきれ難いだけ。流し打ち弱体化は明確で度を超していると思います。

確かに、前作までは流し打ちに慣れるとカットがし易く三振をとる事が難しかったです。

そういう意見が多く今回改善したんでしょうが、的外れです。

なら引っぱりも場所に依存しろよ!と。流し打ちだけ変化があり、凄く使いづらいシステムとなりましたね。

ちなみにですが、CPUは内角を当たり前に流し打ちます。×ボタンの名人ですか。

【新打撃システムの恩恵】

今作から導入されたシステム。まずメリット

・ストライクゾーンの「内角」もしくは「外角」の全域を範囲とするので投球が枠内に入る可能性が高い。

・範囲内で打てると強い打球となりヒットが出易い。

・範囲外である真ん中付近ではデメリットがない。

・範囲内では引っぱり(×ボタン)のみタイミングゲージが拡大。

・範囲外でも流し打ちのタイミングゲージの後ろ(下?)にはあまり変化がない。


次にデメリット

・範囲外の場合タイミングゲージが大きく縮小

・範囲外での打球は弱い。

・範囲外の投球後表示される球の表示速度が遅くなる。

・範囲内と勘違いしボール球を振りやすい。


このくらいでしょうか。

流し打ちはタイミング縮小が微量というよくわからない仕様で、内角は引っぱりのみしか打てないということを考慮すると、

「内角を範囲に指定し外角は流し打ちで対応する」

がベストの打撃方法かもしれません。

読み打ちはプレイヤーが勝手にするので、このシステムは正直蛇足なんじゃないかと考えています。


【結論「変な癖がつかないよう今作はしないほうが良いのでは?」】


ネットの意見を見ていると批判が多いようで、恐らく次作では元通りになっているような気がします。

ですので、今作の仕様にアジャストするため必死に練習をしても意味をなすのは今作だけという悲惨な事になりかねません。

打者の内角打ちを弱体化するのなら、投手の内角のコントロール低下も必要じゃないでしょうか。

投球が打者を透けてデッドボールにならない意味不明ルールなので低下してもそんなにデメリットになりませんかね。

ミート、強振の打球はそのまま、あとは2013のルールが良いですね。

それでも改善点が数多ありますが。








0
タグ: ゲーム



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ