2015/5/17

深夜アニメは10代の薬物  その他アニメ

パチンコ業界とアニメの関係を取材(ルポ)した書籍を読んで。※補足に続く

なぜ10代にとって薬物かというと、

一時からの深夜アニメ本数増大は、放送料が少ない深夜枠を使用しDVD等の映像利益を考慮し純利益を上げるための手段。

と知ったからです。え?今更?深夜アニメ=悪と考えていなかったのが穴でした。

10代にとって、というより「振り返ってみた10代の自分にとって」です。

深夜アニメにプレミア感を勝手に感じていましたが、単に売り上げだけ。

当時、僕は毎朝8時に起きないと行けないのにも関わらず、睡眠時間を削って深夜アニメを見続けました。

当時はなんでしょうか。薬物と同じで当時は楽しくても今は思え出せない程曖昧な記憶になっています。

中2〜始まり、23時には寝た方が良い筈なのに翌朝2時までは軽く起きていました。

成長期に睡眠時間は6時間以下。常に眠たかった記憶があります。

記憶力低下、社交性低下・・・・もしかすると、というか確実に悪影響はあります。

なぜ見続けていたのか。
・録画機器が丁度ない時期だった
・録画層等の周りよるいち早く見れた優越感
・一日の終わりにアニメを見る満足感
・友達とのコミュニケーション道具
・深夜まで起きている自分かっこいい

くらいでしょうか。どれも子供らしい、というか馬鹿子供の発想ですね。一番目以外は。

それを抑制、ちゃんと指導してくれる人がいなかったのも大きな問題ですが、やはり自己責任となります。

どのようなリスクがあるのか、自分で考えるべきでした。

深夜アニメにハマる人は結構な数おられると思います。

なんだって、当時の同級生に会話が成り立つ人が「結構な数」いたので。

深夜アニメ見ている時は「わくわく感」があり薬物まで酷くはありませんが、執念のようなものがあります。

それをみて「早く寝ろ!」だででは言う事を聞きません。夜中にひっそりと起きて見てしまいます。

そんな子供を防ぐためには、納得できる答えを教えるべきです。

「拝金主義の大人達に踊らされているだけだ。」
「元々視聴率なんて考慮しない身勝手な放送であって本当に見たかったらレンタルでみろ!」
「成長期に睡眠時間削ったらどうなるかしってるか?ほら、あいつみたいになるんだぜ?」

と脅迫的な助言をしたら効果絶大。ただそれ以前に、子供との信頼関係がないと意味ありませんが。。。。




【補足】

その中に「なぜ深夜アニメが増えたか」について言及しています。
ーエヴァ以降アニメには制作委員会が設立され、CMや玩具メーカーからの利益ではなく「DVD」等の映像再利用かで利益を上げれるようになった。※本文ママではなくうろ覚え。

この一文を読んだ時は「ふ〜ん制作委員会ってそういうことか。」とだけ納得しました。

しかし「深夜のアニメが多くなっていった。」を読んだとき想像が膨らみました。

一時からの深夜アニメ本数増大は、放送料が少ない深夜枠を使用しDVD等の映像利益を考慮し純利益を上げるための手段

と行き着いたわけです。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ